お知らせ

 

2021年4月1日
ミタニ建設工業に新しい5名の仲間が入社しました!

内定者研修を通じてすでに顔見知りの5人です。

緊張した面持ちで入社式がスタート!
あいみょんの「桜が降る夜は」をBGMに入場しました♪
皆緊張した面持ちです。。

まずはお祝いの言葉を剛平社長から

「しんどさを感じたときこそ成長の時」
しんどいしんどいと思うとマイナスに思えてくるけれども、しんどい思いをしているからこそエネルギーをためることができ、高く飛び、成長することができる

「上手くいかなかったことを失敗ととるか、経験ととるか」
1つの現象が起こったときにマイナスの解釈をするか、プラスの解釈をするか
これから現場に配属されて、今まで経験したことがない世界に飛び込んでいくので大変なこともあるだろうけれど、一旦自分の中に落とし込んでプラスに捉えて頑張って欲しい

以上、2点をメッセージ!

 

続いて、新入社員自己紹介へ

土木を学んできた新入社員はさらなるスキルアップを、
専門外の新入社員は1から学び、成長していくことを決意表明してくれました!

 

最後に会長よりメッセージ

「日々新又日新(ひびにあらたにしてまたひにあらたなり)」
という殷王朝の初代帝である湯王の言葉を送りました。

この言葉には毎日を新しい日として迎え、前向きに、楽しく前進していくことが大切という意味が込められています。

今後現場配属になり壁にぶつかることもあると思うが、ゆっくり焦らず一歩一歩進んでほしいとメッセージしました。

 

その後ミタニ恒例、潮江天満宮で安全祈願!

これからの健康と安全を祈願してきました!

 

その後針木浄水場でお花見をしながらランチタイム♪
従業員が作った手作りスパイシーカレーをみんなでイタダキマス!

名付けて!!
ガツンとスパイシー濃厚!
燻製焼豚と燻製たまごのホロホロちきんカレー!

辛いのが苦手な方にはマイルドカレーを。
なかなかスパイシーで刺激的なカレーライスでした。

 

最後にドローンを使って写真撮影!
お天気にも恵まれて楽しいお花見会になりました🌸

 

今後約1カ月半の研修を行い、社会人や現場での基礎知識を学んでいきます。
これからの5人の活躍が楽しみです♪

 

 

★SNSへシェア!

去年から小学校などで
ドローンを使ったプログラミング教室を開催している
福留開発さんからお声をかけてもらい、
高知大学教育学部附属小学校でプログラミング教室を開催しました!

 

大きな工事をするときなんかには
JV(共同企業体)となり一緒に工事をしていくんですが、
今回は地域貢献もJVで開催だなんて
建設業ならではですね☆

 

 

実は福留開発の大場社長と剛平社長は
プライベートでも親交があるほど仲良し♡

 

現在、介良川の工事もJV(共同企業体)で施工中ということで、
高知BMX協会さんが管理するミニパークのリニューアルも
JV(共同企業体)としてお手伝いさせていただきました。

 

 

そんな2社が行うプログラミング教室。
私たちスタッフも楽しみでたまりませんでした。

 

 

前日に準備とリハーサル。

今回は小型のドローンと専用のアプリを使います。

 

 

みんなで操作方法を確認し、
子供たちに説明できるように準備をします。

 

 

さてさて、プログラミング教室当日。

複式学級の5、6年生16名が参加してくれました。

 

今日のプログラムはコチラ。

1、建設業の役割と魅力

2、ドローンを操作してみよう

3、プログラミングを使ってコースを攻略しよう

 

 

まずは福留開発の女性社員の方から
建設業の役割と魅力についてお話がありました。

建設業がどんなものづくりをしているのか
分かりやすく紹介してくれました。

さらに、建設業界で普及しているICTについて
実際に3次元の動画を使って説明してくれて、子供たちも興味津々。

 

 

お次はドローンを動かしてみます。

タブレットとドローンの形状を軽く説明。

 

実際に飛ばしたほうが理解が早いってことで
早速飛ばしてみます。

 

 

「ブーーーン」という大きな音を立てて飛びます。

すると、子供たちから歓声が!

 

 

今の子たちはタブレットの操作も上手ですね!

 

 

操作が慣れたので、今度は課題に挑戦!

高さの違う4つのフラフープを通して着陸地点を目指します。

 

 

距離、角度、高さを測り、タブレットに入力していきます。

 

ドローンを上手くコントロールできた班も
途中で別の方向に飛んで行った班もありましたが、

どの班もみんなで協力しながら課題をこなしている姿は
とても頼もしかったです。

 

この様子はテレビ高知さんで紹介されました。

 

 

初めてのドローン教室。

子供たちが意欲的に参加し、考え、やり抜く姿は
本当にかっこよかったです。

貴重な場に呼んでいただいた福留開発さん、
本当にありがとうございました!

また、高知大学教育学部附属小学校の皆さん、
ありがとうございました。

 

★SNSへシェア!

ミタニ建設工業から車で10分ほどの所にある春野西小学校に行ってきました!

絵本未来創造機構EQ絵本講師の川田真由美さんと初のコラボ授業!

6年生32名のみなさんが参加してくれました。

 

今回の授業内容は

・川田さんより絵本の読み聞かせ

・ミタニ建設工業のSDGs取り組み


・行動宣言書


・発表

 

まず、川田さんから絵本の読み聞かせ。

“おおきくなったら きみはなんになる?”

大人になったらなにをやりたい?どんな大人になりたい?

今思い浮かばなくても、いろんなことをやっているうちに好きなものが見えてくる。

 

そして、建設業の仕事、ミタニ建設工業の取り組みを紹介しました。

今回、子供たちの身近にある絵本を通して

どんな大人になりたいのか、どんな春野町にしたいのかを

じっくり考えてもらいました。

 

2時間の授業でしたが、みなさん真剣に話を聞いてくれて

自分と向き合って考える時間を過ごしてくれました。

大人になったら、

親の仕事を手伝いたい!車をつくりたい!など

たくさんのやりたいことを見つけることができました。

 

そして、自分に何ができるのかを考え、行動宣言を書いてくれました。

 

 

代表して3人が発表してくれました。

嬉しかったのが、一人の女の子が建設の道に進みたいと言ってくれたこと!

「環境を守りながら、道路をとそうしたりして、
 みんなの通る道路をなおしたり新しく作って
 みんなが使いやすい道路を作る」

小学6年生で明確な目標を持っていて素晴らしい!!!

ぜひその夢を叶えてほしいと思いました。

 

 

最後に、やいろちゃんも登場!

 

 

みんなで記念撮影!

 

今後もSDGsの授業を通して、

子供たちにももっと身近に感じてもらい、

SDGsの輪を広げていきます!

 

★SNSへシェア!

平成21年1月からスタートした「こども見守り活動」。

 

朝の街頭指導を月4回(1日、10日、20日、25日)と

夕方下校時の地域防犯パトロールを月2回(10日、25日)

を実施しています。

 

本社周辺の交通量の多い交差点3か所で

約10名ほどのメンバーが黄色い旗を振っています。

 

 

 

こども見守り活動を行う前に、周辺のゴミ拾いを行います。

 

 

会長もたくさんのゴミを拾ってきました。

 

 

朝早くからお疲れ様です!

 

 

 

本社前は朝夕の交通量が多いですが信号機はありません。

 

 

徒歩や自転車通学の子供たちが多く通ります。

歩道の端を歩いたり、

 

ヘルメットを着用しています。

 

 

信号待ちでは一列で待ち、

 

 

自転車専用道路を通行しています。

 

 

「おはよう」と声をかけると

元気な声で「おはようございます」と返してくれます。

子供たちの声を聞くとこちらまで元気になれます。

 

 

そして、青色パトロール車も出動。

 

 

県警からもらったステッカーも貼っています。

 

 

 

青いパトランプをつけて、行ってきま~~~す!

 

 

本社周辺地域を巡回し、
交通事故の防止や、犯罪防止に目を光らせます。

 

 

今後も、

交通事故の防止、不審者の発見や通報など、

地域の皆さまが安心して暮らせる

子どもたちの笑顔があふれる環境づくりを目指しています。

 

今日も一日、ご安全に!

★SNSへシェア!

1DAYインターンシップをオンラインで開催しました!

今回が初の試み。

 

応募があるのか?
うまくやりとりできるのか?
楽しんでくれるのか?

など色々心配していましたが、無事終了しました!

 

 

今回は「業界研究&施工管理体験セミナー☆若手社員座談会」
ということで、

前半は「建設業界の理解を深めよう」と題し、

1部は建設業の役割と動向

2部は建設業とSDGs

 

 

後半は、現場監督の仕事を知ってもらうために

安全管理のワークショップと

若手社員との座談会を実施しました。

 

 

ICTの導入でどのような効果が生まれるか。

 

 

ミタニのSDGsの取り組みも紹介しました。

 

 

 

学生さんはSDGsに関心が高いですね!

 

 

後半の安全管理のワークショップでは

まずは、イラストを使って危険個所を見つけ、

その対処法を考えます。

 

 

 

次に現場の見取り図だけで

ここにはどんな危険が潜んでいるか、

どのような事故が起こりうるか、

どんな対策をすればいいか、

をみんなで話し合いました。

 

 

 

いろんな意見が出て拍手~~~。

 

 

 

最後に先輩社員との座談会。

 

 

右の朝比奈さんは
舗装部を経て出産後は
ICT推進部で測量や3D図面の制作などをしています。

左の高木さんは入社2年目の現場監督。
今は橋の耐震補強工事を担当しています。

 

 

学生さんからは

Q  仕事で失敗したことは何ですか?

Q  何で現場監督を選んだんですか?

Q  女性で大変なことは何ですか?

Q  やりがいを感じるときはどんな時ですか?

Q  仕事で夢、目標はありますか?

などなど、たくさんの質問をいただきました!

 

 

 

ミタニのことを好きになってくれると嬉しいです。

 

 

 

 

最後に記念撮影!

はい、チーズ☆

 

 

今後の予定は、

■施工体験ワークショップ☆自己分析ワーク・社長&若手社員座談会
開催日:2021年2月12日(金)

 

お申し込みはマイナビをチェック!

 

★SNSへシェア!

横浜新町小学校の6年生の先生から
「SDGsの取り組みを子どもたちに話してほしい」
という依頼をいただきました。

 

横浜新町小学校では、この一年間、
LGBTQ、フェアトレード、障害者理解、環境問題などの
専門家の方を呼んでSDGsの学習を重ねてきたそうです。

その集大成ともいえる最後の場に選んでいただいたのが
まさかのミタニ!

ほんとに良いんでしょうか?
と言いながらも、謹んでお受けしました。

 

 

さて、横浜新町小学校の6年生たちは
本やネットなどから世の中の実情を知り、
レポートにまとめ、
行動宣言書を作成していました。

 

こちらは、「みんなで見つけたSDGs」とうことで、
テレビや新聞などで見つけた
企業や団体のSDGsの取り組み。

 

 

なんと、ミタニの付箋も発見!

いおりさん、ありがとう!

 

 

体育館の壁には、子供たちのレポートがずらり!

どれも細かく丁寧に書かれています。

 

 

 

 

そして、一人ひとり自分が考えた行動宣言を書いていました。

 

 

 

講演の前に、まずは子供たちに
これらのレポートの発表をしていただきました。

司会進行も子供たちがやります。

 

 

各クラス1名の生徒さんが選出され、

 

3人のテーマはそれぞれ

トイレ・水

ゴミ

ジェンダー

 

どんな課題があり、
どうすれば解決するのか、
さらに、自分に何ができるのか、
をまとめていました。

 

 

 

発表後、社長から講評と質問をさせていただきました。

 

なぜそのテーマを選んだのか?

他にやってみたい取り組みは?

という質問に、堂々と答えていました。

 

 

休憩時間に「名刺ください」と声をかけてくれた男の子。

社会人かと思うくらい丁寧に受け取ってくれました。
このような細かい気遣いができるのってホントすごい!

 

 

女子たちにも囲まれ、名刺を渡していました。

 

 

 

さて、いよいよ社長の講演。

 

みんなでアクション!SDGs
~ミタニ建設工業の取り組み~

 

 

建設業の仕事、

ミタニ建設工業の取り組みを紹介しました。

 

 

講演後は質問タイム。

めちゃくちゃたくさんの子供たちが立ってくれたけど
時間の関係で少ししかお答えできませんでした。

残念ですが、また次の機会があるときに!

 

 

 

校長先生に行動宣言書を書いていただきました。

 

子どもたちの

「心と命を守る」教育

を推進していく

 

 

 

最後に、今回お声がけしてくれた先生の一人、山本先生。

SDGsの学習は長期的な取り組みにしているそうです。

「また来年」とお声がけいただきました。

 

 

今回の授業、子供たちの発表を聞いて
私たちも多くの学びがありました。

今後の活動に活かしていこうと思います。

ぜひこのような学びの場を続けていただきたいですね。

 

 

SDGsの取組は決して一人では達成しません。

もっともっといろんな人や会社にSDGsを広めていきながら
自らがお手本となれるような取り組みを
実践し続ける企業になりたいと思います。

 

 

 

 

★SNSへシェア!

先日SDGsの授業を行った初月小学校6年生の
生徒さん6名が行動宣言書を書いてくれました!

ボランティア活動に積極的に取り組み、
ゴミはポイ捨てをせず、必ず持ちかえり、
陸、海の豊かさを守る

 

マイバッグをつかい、
プラスチックごみをなるべくださない

 

まだ食べられるのに捨てられる物をなるべくなくす。
必要な時に、必要な分だけを買い、
食品ロスの減少に努める。

 

ゲーム時間を6時間から3時間にへらす。
そして、べんきょう時間を30分から1時間にする。
そしてあそぶ時間を1時間20分あそぶ。

 

ブラスチックを分別し、魚をおいしく食べる。

 

1~10、16、17
 スマホを手に入れたらSNSなどで発信をしていきたい

 ぼ金などをしていきたい
 (行うがわ、するがわ)

2 給食を残さないようにする

11 庭に植物を植える(都市Co2の減少)

12 リサイクルセンターなどに売ったり、ポイすてをしない

13 庭に植物を植える

14 海岸清そう、川など海などにポイすてしない

15 川せん清そう、ゴミひろいのボランティア

17 目標を協力して”達成”する

 

 

みなさん具体的な行動目標を書いてくれました。

一つでも多くのアクションを起こし、
目標達成を目指してもらいたいです。

 

 

 

初月小学校でのSDGsの授業の様子はこちら。

初月小学校でSDGsの授業を実施しました!

 

SDGsの取組は決して一人では達成しません。

もっともっといろんな人や会社にSDGsを広めていきながら
自らがお手本となれるような取り組みを
実践し続ける企業になりたいと思います。

 

★SNSへシェア!

ミタニ建設工業では、「SDGsの授業」プログラムを作成しました。

 

これまで、やいろちゃんの読み聞かせ会や
防災授業などを実施していたこともあり、

「SDGsの絵本」を発行してから
SDGsの授業の依頼が多かったので

オリジナルプログラムを作成しました!

 

 

■初級編

「SDGsのことをほとんど知らない」という方向けの初級編は、

1、SDGsとは?
2、弊社のSDGsの取り組み
3、みんなの暮らしとSDGs

の内容です。

 

 

最初にSDGs17の目標を知ってもらうために、
「やいろちゃんと学ぶSDGs」の動画を見てもらいます。

 

 

■中級編

「SDGsのことを学んでいる」という方向けの中級編は、

1、ミタニ建設工業の紹介
2、SDGsに取組んだきっかけ
3、建設業とSDGs
4、現場とSDGs
5、経営とSDGs

の内容で、弊社の取り組みを中心にお話していきます。

 

 

具体的な取り組みを紹介しているので、
「まだ取り組んでいない」という方にも
参考になる内容だと思います。

 

 

そして、最後に行動宣言書を配付しています。

 

 

行動宣言書は
授業で知識を得るだけで終わることなく、
子どもたち自身が何ができるかを考え、
行動につなげてもらう目的で作りました。

 

社長の宣言はこちら。

SDGsの授業を通して
多くの生徒に興味をもってもらい
SDGsの輪を広げる

 

 

ミタニ建設工業が本格的にSDGsに取り組みだしたのは
2018年の10月から。

まずは、社員のみんなにもSDGsのことを知ってもらおうと思い、
社内新聞でSDGsを紹介しました。

 

SDGsの取組は決して一人では達成しません。

もっともっといろんな人や会社にSDGsを広めていきながら
自らがお手本となれるような取り組みを
実践し続ける企業になりたいと思います。

★SNSへシェア!

舗装部の新しいテレビCMの撮影を行いました!

 

今回は、サリーズバーのメンバー、
サリーさん、タケさん、モグさんにご協力いただきました!

 

 

撮影したのは去年の秋。

いつもお店に行くと
ワインとか焼酎とかを飲んでるんですが
今回は麦茶を用意しました(笑)

 

 

タケさんが音声を担当してくれてます(笑)

 

 

 

社長も加わり、撮影スタートです!

 

 

一発OKであっという間に撮影は終了。

みなさん、お疲れ様でした!

 

 

完成したCMがこちら!

 

 

CM見たよ~って人は教えてね~☆

★SNSへシェア!

新入社員研修&1DAYインターンシップを開催しました。

 

 

今回はICT施工を学んでいただくために
測量とドローン体験をしていただきました!

 

まずは、ICT施工とは何か?を
ICT推進室の朝比奈さんから説明してもらいました。

 

朝比奈さんはもともと舗装部に所属していましたが、
出産後、ICT推進室に移動。

今は朝の1時間、時短で勤務しています。

 

 

次にドローン体験!

 

 

体験用に小型のドローンを用意しました。

アイフォンで操作していきます。

 

 

画面を見ながら、上手に操作しています。

 

 

 

午後は現場へ出向き、測量体験!

現場の概要と、今回行う体験内容を
現場の方から説明していただきました。

 

 

早速、現場に行き、測量機に触れてみましょう!

 

 

今回は、測量機を使って位置や高低を計測し、
丁張と呼ばれる目印を立てていきます。

 

 

測量機で『距離』『角度』『高さ』の
地球上の位置関係を測っていきます。

 

 

ポイントとなるところに木の杭を打ちます。

これを丁張と言います。

 

 

 

高さや長さなど、確認しながら立てていきます。

 

 

角度をつけるのが難しかったようです。

 

 

現場のみなさん、お忙しい中ありがとうございました!

       

 

 

最後は社長との交流。

ざっくばらんにお話しました☆

 

 

 

今後のお仕事体験の予定は

■オンライン開催!業界研究&施工管理体験セミナー☆若手社員座談会
開催日:2021年1月30日(土)

■施工体験ワークショップ☆自己分析ワーク・社長&若手社員座談会
開催日:2021年2月12日(金)

 

お申し込みはマイナビをチェック!

★SNSへシェア!
1 2 3 6