お知らせ

 

2017年度から始まった健康経営優良法人認定。
2017年に高知で初めて認定を頂いてから、4年連続2020年も認定を頂くことができました!

ミタニ建設工業では、弊社社長三谷剛平の「ミタニで40年近く働いてもらうのであれば、いつまでも元気でいきいきと、健康で働いてもらいたい」という思いから、この取り組みを行っています。

健康経営優良法人認定とは、健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

 

健康経営優良法人には様々な取り組み内容が組み込まれており、ミタニの取り組みも、健康診断受診率100%から、受診後の再検査などのフォローアップ、がん検診の補助、運動機会の増進、コミュニケーション活動など内容は様々です。

 

ミタニ建設工業では、従来から従業員同士の交流を大切にしており、この健康経営をきっかけに従業員の社員参加型の社内運動会を開始しました。
従業員の運動不足解消もそうですが、普段仕事では見られないような従業員の姿を見ることができ、普段とは違った交流をすることができています。

 

また、昨年は従業員専用のジムもオープンしました。
運動不足の従業員も多いため、気軽に運動して欲しいという思いから設置し、従業員が仕事終わりなどに利用しています。

 

これからも従業員の心と身体の健康をサポートし、全従業員が仕事もプライベートも充実した人生が送れるよう取り組みを続けてまいります。

 

 

 

 

★SNSへシェア!

 

2月14日に第1回会社説明会を実施しました!

今回は2名の学生が参加してくれました!ご参加ありがとうございます!

今回の会社説明会の内容は
第1部 ミタニのことを知る
①会社説明「ミタニの役割」
②社長メッセージ「ミタニの未来」
第2部 現場監督の仕事を知る
①現場見学
②若手社員との座談会

社長や従業員と交流を図りながら、ミタニのことを知ってもらえるプログラムです!

 

まずは、総務部中島より会社説明を!
まずは自己紹介します~
ということで好きなものはカレーライスとツナ!
今年の目標はひまわりの約束を弾き語りできるようになること!とアピール笑
その後は真面目にミタニ×地域を題材に建設業の役割やミタニの活動を紹介しました!

建設業の仕事は地域の生活基盤を支える大切な仕事です。
これからもミタニはものづくりだけでなく「やいろちゃんの読み聞かせ」や「防災イベント」など、様々な活動を通じて地域に役立つ企業を目指してまいります!

 

続いて、社長より求める人材像やミタニビジョンの話を!

ミタニが大切にしているキーワードは「ノリ」
なんでもやってみよう!と前向きに挑戦できる人材と一緒に働きたいとメッセージ。

質問コーナーでは
「ミタニを人に例えると誰ですか?」という新しい質問が笑

考え抜いた結果、社長が出した答えは「綾瀬はるか」笑
理由はしっかりしてそうに見えて中身は天然なところだそうで、、、
そうなのか、、、

 

続いて現場見学へ!
岡豊大橋耐震補強工事の現場へお邪魔しました!

スケールの大きな現場に興味津々の様子。
もともと川だったところに道を作って工事をしていました。
建設業のダイナミックさを体感してもらえたのではないかと思います。

その後は入社1年目の髙木より、現場監督の仕事内容や現在のやりがいについてメッセージ!
この日のためにたくさん準備してくれ、当日も人前で話すの苦手なんですといいながら、しっかりメッセージしてくれました!

実際に仕事で作成している書類等を見ながら仕事内容を進めていきます。

現場監督の仕事は1人前になるために8~10年かかると言われています。
今はまだ与えられた仕事をこなす段階で、大きなやりがいは、、、と言っていましたが、
工事の中間検査で自身が作成した書類が褒められたり、完成と認めます!という言葉がとてもうれしかったと話してくれました。

この説明会が今回参加してくれた学生さんにとって有意義な時間になっていれば幸いです!
現場の皆様ご協力ありがとうございました!

3月13日の会社説明会も募集中ですので、お気軽にお申し込みください!
たくさんのご参加お待ちしております!
申込:総務部中島まで mail:yuki.nakajima@mitaken.net

 

★SNSへシェア!

1月18日(土)
第2回内定者研修として土木の現場見学に行き、その後チームに分かれて報告書をまとめてもらいました!

内定者研修は従業員との交流・同期同士の交流を深めること、そしてミタニの仕事の理解を深めることを目的に実施しています。

 

まずは本社にてアイスブレイク!
最近よかったことをシェアしてもらうと「昨日誕生日でした」とか「卒論が終わった」とか「自動車学校が楽しい」とか、それぞれが毎日楽しんでいるようでした。

その後グッパでチーム分けをし、現場報告書をまとめるための質問を考えていざ出発!!

 

今回は「物部川災害復旧工事」の現場にお邪魔しました。
まずは所長の伊藤さんから現場の概要説明。
昨年の台風で壊れた物部川の護岸ブロックの復旧工事を行っている現場だそうで、
どんな工事なのか皆しっかりメモを取りながら話を聞いていました。
 

 

そしていよいよ現場へ!!
現場で活用しているICT技術「マシンコントロールバックホウ」を見せてもらったり、

スケールの大きな現場に興味深々の内定者の皆さん。
今回の現場は川の流れを一旦変えて工事を行っており、その方法なども質問しながら理解を深めていました。

次に従業員へインタビュー!!
ベテラン社員伊藤さんと入社1年目武谷君にプライベートのことや現在の仕事内容などをインタビューしました。

入社1年目武谷君には「ミタニに入ってよかったこと、悪かったことは?」など赤裸々な質問も、、
良かったことは「先輩方が話しやすく、現場が楽しい」ことだそうで、悪かったことはないけれど、現場が広くて移動が大変なんだそう。

ベテラン伊藤さんは入社してから今でも毎日日誌を書いているそうで、日々勉強が大事だと話してくれました。

笑顔たくさんの和やかな現場で内定者も質問しやすそうでした。
物部の皆さんお忙しい中対応ありがとうございました。
最後にみんなで写真撮影😊

 

そして本社に帰ってからはチームごとに報告書作成!
「きれいに、面白く!そして思わず見たくなる!」報告書にしてね!とお願いして作成スタート!制限時間は50分!

みんな真剣な表情で取り組んでいました。
こちらのチームはオレンジと緑の画用紙を使い、カラフルで思わず目を引く色使い!

 

こちらのチームは工事内容やインタビュー内容を詳細にまとめてくれました。

 

最後に完成した報告書と一緒に集合写真をパシャリ!
今回作成した報告書はミタニ本社2階廊下に掲示しておりますので、お越しになった際にはぜひご覧ください。

 

今回の感想の中で、
「災害復旧の現場があることを知らなかった」「若手の先輩社員から話を聞けて良かった」などそれぞれ学びがあったようでよかったです。

次は舗装の現場へお邪魔しまーす♪

 

 

★SNSへシェア!

12月21日(土)に第1回内定者研修を行いました!
内容は手打ちうどんづくり&社長研修です。

内定者研修は入社までにミタニの理解を深めてもらうこと、同期同士や従業員との交流を深めてもらうために実施しています。

 

そこで、今回はまず初めに自己紹介を!
特にお題は決めずに3分間スピーチをお願いしました。

「先にやりたい人ー?」と問いかけると、岡本君がぱっと手を挙げてくれました。
それでは3分間スタート!!

3分間は思いのほか長く、他の内定者からの質問に答えながら進めていきます。
DJをしているという岡本君。いつかミタニでも披露して欲しい!

釣りが趣味の中途採用中西君は、現在憧れの先輩を目標に奮闘中です。

ラグビー部の柏井君は、X JAPANなどロックが大好きだそうです。       

最後に上垣内さん!読書&映画好き!わたしも伊坂幸太郎さん大好きです!
それぞれ思い思いの自己紹介で、お互いのことを知ることができたのではないかと思います。

 

続いて、今回メインのうどんづくりへ!
2人1組で粉から作っていきます!

まずは分量を量るところからスタート!
こちら両方O型のおおざっぱチームはいけいけどんどんで作業を進めていきます笑

 

分量を量り終わったら次は生地をこねる作業へ。
こちらのチームはゆっくり丁寧に!協力しながら作業していきます。

 

生地を寝かせる間に社長研修へ。
社長の考えやミタニの取り組みについて学んでいきます。
社長との距離も少し近くなったかな?

 

生地が出来上がったので次は麺を切る作業へ。

家でも料理をするという柏井君。
丁寧な包丁さばきで細めのきれいな面が完成!
ちなみに得意料理はピザとオムライスだそうです。

 

こちらのチームは太麺派!
なかなかしっかりした麺ができあがりました。

 

最後はゆでて好きなトッピングをのせて完成!!
4人でおいしくいただきました!

 

次の内定者研修は現場へお邪魔します!!

 

 

★SNSへシェア!

2019年11月16日(土)
2020年度新入社員の内定式を行いました。

今年度は4名の新卒採用、1名の中途採用、計5名の皆さんが参加してくれました。

 

総務部中島が司会を務めます。

 

まずは社長より内定者へメッセージ!

社長おすすめの映画として「君の膵臓を食べたい」を上げ、
人生はすべて自分の選択である。ミタニへ入社するのも自分の選択。自分の人生を楽しくするのも、つまらなくするのも自分の選択。すべては自分の選択の積み重ねだとメッセージ。
※気になる方は「君の膵臓を食べたい」をご覧ください。

そして、これから始まる内定者研修に触れ、入社までの内定期間を通して、同期同士の中を深め、入社してからもお互い切磋琢磨しながら支えあえる関係性を築いてほしいとメッセージを送りました。

 

続いては内定者自己紹介!

緊張した面持ちで出身校や趣味などの自己紹介をしてくれました。
これからの活躍が楽しみな5人です!

 

最後に閉会の辞を夕部顧問より

南章行の著書「すきなことしか本気になれない」より
「結婚は、交際可能な異性が数十億人いたとしても、全員と交際することはできない。だから、今最高だと思う人と結婚する。そして、心のなかで『もっといい誰かがいる』と思いながら一緒にいるよりも、一緒にいる時間を積み上げて自分にとっての世界一の関係を目指すほうがよほど合理的で幸せな決定だ」という一説を紹介。

ミタニで働くことが幸せか、不幸せか、その一つにモノの見方の違いがあります。
これからみなさんとミタニの最高の関係を、お互いに構築していければと思っています。との言葉で締めくくりました。

 

最後に記念撮影を、いつもの「はい、ミタニ~」の掛け声でパシャリ

内定式後は昼食会を行い、皆で焼肉を頂きました。
写真を撮り忘れてしまいましたが、皆思う存分焼肉を食べることができ満足な様子でした。

来月から月に1回内定者研修が始まります。
ミタニのことを知る、同期同士の交流を深める目的で楽しい時間にできたらと思っています。内定者の皆さんと交流できることが今から楽しみです。

 

 

★SNSへシェア!

 

8月22日から高知大学理学部の杉田君がインターンシップに参加してくれました!
ご参加ありがとうございます!

建設業のことは右も左もわからない中での参加でしたが、一生懸命取り組んでくれた杉田君のリアルな感想をブログに書いてもらいましたので、ご覧ください!

 

*******************************************

 

私は8/22-8/23, 8/26-8/28の5日間、このミタニ建設工業でインターンを行いました。

このインターンではミタニ建設工業が実際に行っている様々な仕事を体験することのできる内容について知り、そして体験することが出来るようにプログラムが組まれており、

前半の2日間は主に建設業を実際に行っている現場に赴いて実際に働いている現場を観察したり、実際に働いている社員さんとお話させて頂いただき、後半の3日間ではミタニ建設工業の本社での仕事の体験を行いました。

 

インターン1日目

インターン初日は本社での朝の朝礼から始まりました。
社員みんなでラジオ体操を行った後、社訓を読み上げ、各部署での報告が行われるのを聞きました。朝礼の一番最後に、私たちインターンシップ生の自己紹介と簡単なあいさつを行いました。

私はインターン初日という事もあり、かなり緊張をしてました。でも、社員さんたちの優しく私たちを向かい入れてくれるようなあたたかい雰囲気のおかげで、自然と過度の緊張は無くなり、かわりにインターンに対するやる気が込み上げてきました。

 

朝礼後、総務部の中島さんからミタニ建設工業の実績や経営理念などの概要についての説明と自己分析を行うことの出来るワークショップを行いました。

ワークショップではいくつかの質問項目を解き進めていく事で自分のライフスタイルの中でどのようなことを重視して生きているのかを知ることが出来ました。普段の生活の中では、自分の人生を顧みるような機会はまずないので、自分のことを振り返り、より深く知る事が出来る貴重な機会になりました。

 

午後からは建設業について知る為、実際にいの町の方にある音竹河床掘削の現場に赴きました。

現場では現場監督をされている伊賀上さんと梅原さんからお話を聞く機会をいただけたので、建設業の面白さややりがいなどに加えて建設業のきつい部分などの現実的なことまで教えていただきました。

 

休憩時間には2人がこの職を選んだ理由なども聞くことができ、すごく建設業に興味が沸きました。

 

インターン2日目

インターン2日目は朝からあいにくの雨・・・

今日予定されていた仕事も一時中断を余儀なくされてました。建設業の仕事は天気に左右されてしまうということを実感しました。

外での仕事を見る事は難しいということで、室内で建築物の設計図面を作るソフトである”CAD”の使い方について学びました。梅原さんがゆっくり丁寧に教えてくださったので、簡単な図形なら作図できるようになりました。

午後になると雨も止んだので、今度は屋外で”光波”の使い方について学びました。光波の測量ではすごく精密な作業を要求されるので、集中力が試されているようなきがしました。

この日は、実際に現場で使われているソフトや機械に触れて、楽しみながら学ぶことが出来たので、すごく貴重な体験になりました。

 

インターン3日目

インターン3日目は午前中に、20代、30代の若手社員による新規事業立ち上げに関する社内勉強会に参加しました。

社員さん同士が意見を交わし、真摯に新規事業の立ち上げのために意見を出し合っている姿はすごく格好良く、私たち学生にとってもすごく刺激になりました。

この日はなんと、昼食を社長と一緒に食べました。

近くのゴローザというお店で社長と一緒にパスタを食べながら、建設業についてだけでなく、社長の身内の話なども交えて様々な会話を楽しみました。

社長の話はどれも面白く、特にどうして新規事業を立ち上げようとしているのかという話での社長の想いの部分には共感することも多く、すごく印象に残りました。

午後からはCSR推進室の廣井さんと共に、ドローンなどのICT技術を用いた測量についての会議に出席しました。

ドローンを用いた測量という近未来的な響きにはワクワクが止まりませんでした。

 

インターン4日目

インターン4日目は、総務部の中島さんと共にミタニ建設工業が近年推し進めている社内の健康経営の書類をまとめる作業のお手伝いをしました。

前半の3日間とはうって変わって室内でパソコンと向き合っての作業だったので、前半とはまた違った疲れを感じました。

 

インターン5日目

インターン最終日は潮江南小学校へ赴き、防災教室のお手伝いを行いました。

私は、防災教室の授業に入る前に子供たちの緊張をほぐすためのアイスブレイキングを行いました。

アイブレ後は、みんなの緊張もほぐれ、自然と笑顔になっていました。

防災教室では子供たちと一緒に、被災時に役立つ段ボールトイレを一緒に作りました。作るときはみんなであーじゃない?こうじゃない?と話し合い、協力して一生懸命組み立てました。

完成した時はみんなで実際に段ボールトイレに乗ってみて耐久性を確かめました。

すると、みんなの楽しそうな声を聴いてか、やいろちゃんが遊びにきてくれました。

最後はみんなやいろちゃんとしっかりとハグをしてお別れしました。

 

この5日間のインターンを通して、実際の仕事の現場を観察、体験することができたので、将来、建設業に携わるのもいいなと思うことが出来ました。

自分が作り上げたをものが未来まで残る仕事なので、仕事に対する責任感とやりがいを肌で感じることが出来た5日間でした。

ミタニ建設工業の皆様、本当にありがとうございました。

 

 

★SNSへシェア!

 

6月19日、安芸桜ケ丘高校環境建設科の1、2年生約20名が現場見学会に参加してくれました。五台山第5高架橋下部第一工事と高知南IC Dランプ橋床板工事の現場へご案内!!

 

まずは総務部中島より、会社説明を。
今回の現場見学会の目的は1つ、建設業の面白さを伝えること!なので、
「建設業の仕事は面白い!」をテーマに建設業の役割やミタニの取り組みについて説明。ただ話を聞くだけでは面白くないので、現場の方へのインタビューも交えながら進めていきます。

 

「建設業で働き始めたきっかけ、今のやりがいは何ですか?」
という質問に大ベテラン岩戸さん、
「はじめは、これ俺がつくったんだぞ!って言いたかった、かっこよさ。今は後輩の育成を大事にしゆうかな」と答えてくれました。
さすがベテラン、急な質問にも関わらずさらっと答えてくれました!そしてしぶい!

  

 

続いて現場説明へ

まずは五台山第5高架橋下部第1工事担当の有澤さんから!
今来ている現場がどのような工程を経て、出来上がるのか写真を使いながら説明。
少しはイメージできたかな?

 

続いて、高知南IC Dランプ橋床板工事担当の福井さん
「僕はちょっと違う視点から話すきね~」ということで

工事名のDランプとは何なのか?
一般道から高速道路に上がったり、高速道路から下りたりする道をランプウェイと言うそうで、ABCDの4本があり、Dランプはそのうちの1つなんだそう。

 

現場説明終了後は
お待ちかねの現場見学へ!

皆今まで工事現場に入ったことが無いそうで、興味津々に見ていました。
現場には危険がたくさんあるので安全には気をつけて!

 

続いて先輩社員の松村より後輩へアドバイス!
約3年前に安芸桜ケ丘高校を卒業した松村さん。今の仕事のやりがいや学生時代にしておけばよかったことについてメッセージ。

現場では数学の知識も必要なので、学生時代もっと勉強しておけば、、とのこと笑
そんな松村さんも入社4年目を迎え、現在2級土木施工管理技士にチェレンジ中です!

その後の質問タイムでは女性の現場監督の割合や、お給料、苦労話などリアルな質問が飛び交いました笑

 

最後にドローン飛行体験

だれかやってみた人?と言ったところ2年生4名が立候補してくれました。
技術工務室霜村さんの指導の下、いざ挑戦!
簡単そう見えて意外と難しいんです、、

少し風の影響もありましたが、4人とも無事着陸させることができました!
今までで一番楽しそうだったような、、、笑

 

最後にお礼のあいさつを頂いて、現場見学会終了!

 

楽しかった、現場監督もいいかもという感想をもらい、開催してよかったなとしみじみと思いました。協力してくださった五台山現場の皆さん本当にありがとうございました!

来月も安芸桜ケ丘高校さんより講演の依頼を頂いています。これからも私たちが携わっている建設業の仕事は面白い!ということを伝えていければと思います。

 

★SNSへシェア!

去年に引き続き今年も、スポーツマックス様のご協力のもと、
6月9日(日)に大運動会を開催することが出来ました。
従業員、家族も含め約50名の方が参加!

 

初めに、三谷社長から開会の挨拶
そして各チームリーダーの選手宣誓が行われました。

あれ?よく見ると豪華景品が、、、
今年の景品は、プレイステー、Switch、蟹などなど!

 

赤組 vs 白組
どっちが勝つか、いざ勝負!!

まずは、フラフープリレー
ふたりの息が合わないとなかなか上手く走れない競技です。


 

 

次にチーム全員での玉入れ!

今回は少し違う、キャッチする玉投げをやってみました。
受ける側も投げる側も難しそう~!

 

 

次に、子供たちが大好きなお菓子食い競争
親子で参加し、子供たちに目隠し。ゴールまで上手く誘導できるかな?

 

 

そして、パン食い競争~
パンを食べ終わらないとゴールできない苦しい戦い。

 

 

二人羽織り!お蕎麦を早食い競争!そして綺麗に食べる!!

 

 

そして、大人も子供も大好きなチャンバラ合戦IKUSA!!
皆の衆~刀を挙げ~~!!

 

 

ラストは、リレー競争!!
アンカー村上が見事ゴール!!!

 

他にも、ドッジボールやぐるぐるバッドなど楽しい種目がたくさんありました。
身体を動かす競技から、タイム当てやフラフープ投げなど誰でもが
挑戦できる競技まであり、大人から子供たちまで皆で楽むことができました。

接戦の末、総合優勝は、、、赤組!!!
おめでとうございます!

 

 

来年もお楽しみに~♪

 

 

★SNSへシェア!

2019年4月1日入社式を行い、5名の新しい仲間がミタニ建設工業に入社しました。

5名の皆さん入社おめでとうございます!

ミタニの一員として5名の皆さんを迎えられることを大変うれしく思います。

 

はじめに代表取締役社長三谷剛平より会社代表訓示

1、顧客を見た(向いた)仕事をすること 2、仕事への姿勢について

3、現場での安全確保の心構えについて 4、段取りの大事さについて

5、同期での助け合い

以上の5点について、自分の業界、自分の仕事だけを見るのではなく、周りを見て変化に対応していくことの大切さをメッセージ。

 

続いて、新入社員自己紹介並びに決意表明

緊張した面持ちでしたが、1人ずつしっかりと挨拶してくれました。

これからの成長が楽しみです。

 

閉会の辞を三谷勝水会長より

ミタニに新しい風を吹かせてほしい、と期待を寄せるメッセージを送られました。

 

入社式終了後は社長との昼食会~安全祈願に天満宮へ

昼食中に新元号の発表が!食事そっちのけで見入ってしまいました笑

「令和元年」に入社1年目を迎える新入社員!なんだかうらやましい!

 

天満宮では気合を入れてガッツポーズ。笑顔が素敵です。

 

今後、5月の配属まで新入社員研修期間となり、社内・社外で色々な研修を受けます。すでに昨年10月からの内定者研修で交流を深めている自称「ミタニの星」の5人の今後の活躍を乞うご期待!

 

★SNSへシェア!

3月15日(金)は企業説明会です、有難く2名も参加いただきました。

まずは社長から会社の取組や社長の従業員に対しての思いやこんな風に働いてもらいたいを色んな角度から分かりやすく話してもらいました。

石鎚山へ女子社員と登山したときの話「うちの女子社員達は皆、西日本一高い場所にいる女子社員やから~」何やその話

次は入社4年目の女性社員 朝比奈亜実より、普通学科の私がどうしてミタニに入社したのか、現場の苦労などのお話、今日の2人は普通学科文系なので参考になったかな。

さあ天気も良いいし、社内での企業説明だとあまり面白くないので、個人的に行きたかったあの現場へGoooooo!!

高知市内で作業中のトンネル現場です、トンネル現場の最前線へ行くことはそうそうないのですが、今日は無理を言って入坑させていただきました、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

防塵マスクを着用してさあ入坑、トンネル中で蠢く重機は大きくスケール感たっぷり。

 

 

 

 

 

説明会前は現場の人達は怖い感じのイメージだったらしく、全然イメージと違ったと言ってたのが印象的でした、中々立ち入ることの出来ない土木の現場、それもトンネル現場は2人にとって貴重な体験となった様子、今日の説明会参加してくれて有難う。

また忙しい中少し作業を止めて貰って対応していただいた味本さん、小森さん有難うございました、m(__)m

★SNSへシェア!
1 2 3