2018/12/15(土曜日)

2回目の内定者研修はうどん作りをしました。

初めての試みということで、社員も作ったことがなく

みんなで楽しく作ることができました。

しかし、ただうどんを作っているわけではありません。

内定者同士のコミュニケーションや、会社の先輩上司とのコミュニケーションを図ること、またミタニの社風を知ってもらうことを目的として行いました。

お互いに協力し合い、コミュケーションを取りながら作業ができたと思います。

分量を間違ってしまうと固くなったり、柔らかすぎたりしてしまうので

きちんとした分量で作ることがポイントだと思います。

分量を量り、こねてからは少しの時間発酵をしておかないといけないので

現場見学から帰って来てから、薄く延ばす作業と切る作業を行いました。

自分たちで作ったうどんは格別おいしく、ほかの社員の方にも

おいしかったっと言っていただきました。

次はおそば作りかな?(笑)