2020年11月28日(土)
2021年度新入社員の内定式を行いました。

 

今年度は5名の新卒採用のうち、
女性がなんと3名いらっしゃいます。

まずは社長より内定者へメッセージ!

 

「仕事を早く覚えるには、人に興味を持つこと」

上司や先輩が何をしているかをよく見て、
自分がやるべきことを見つけると
仕事を早く覚えられますし、楽しくなります。

「入社までの時間、やりたいことをやってほしい」

趣味でも遊びでも
学生の今しかできないことをやって、
入社日には社会人としてお会いしたいと。

そして、これから始まる内定者研修に触れ、
入社までの内定期間に同期同士の中を深め、
入社してからもお互い切磋琢磨しながら支えあえる
関係性を築いてほしいとメッセージを送りました。

 

続いては内定者自己紹介!

それぞれ1分間の自己紹介スピーチをやってもらいました。

 

まずは藤本くん。
自粛中は韓国ドラマを見たり
魚釣りに出かけたりしたそうです。
野球が好きということで、ミタニの野球部でも活躍を期待します。

 

高井さんは小さいころから楽器を触っていて
ピアノ、バイオリン、サックス、
最近はエレキギターを始めたそうです。
ミタニにも音楽好きが多いので
演奏会などできたらいいですね。

 

人と関わることが好きという森本さん。
ランニングをしているということで、
ミタニのマラソン部に入ってもらって
一緒に龍馬マラソン完走を目指したいです。

 

「体は大型ですが、血液型はA型です」と
出だしから笑いを誘う川西くん。
細かすぎるモノマネで、
モハメド・アリと対戦したアントニオ猪木の
モノマネを披露してくれ、
幹部たちの心を鷲掴みにしていました。

 

最後は三本さん。
スマホで写真を撮ることが好きで
Instagramに自分の撮った写真を載せているそうです。
あとで見せてもらいましたが、どれもセンスが良い!
ミタニの広告用の写真も撮ってもらいたいです。

 

そして幹部の1分スピーチ。
「勉強が嫌いだったけど4つの大学を出た」
「文系卒で入社したが、30年後には部長になっていた」
「自己紹介はインパクトが大事」
「NiziU知ってる」
と、色々なお話が聞けました。

 

閉会の辞は夕部顧問より。

おすすめの本を紹介してくれ、
入社までにこの中から一冊と
社長のSDGsの絵本をぜひ読んでほしいと締めくくりました。

 

 

 

最後に記念撮影を、いつもの「はい、ミタニ~」の掛け声でパシャリ。

 

内定式後は昼食会を行い、皆でBBQを楽しみました。
お肉はもちろん、貝に伊勢海老と豪華です!

   

 

来月から月に1回内定者研修が始まります。
ミタニのことを知る、同期同士の交流を深める目的で
楽しい時間にできたらと思っています。

内定者の皆さんと交流できることが今から楽しみです。

★SNSへシェア!

朝倉地区連合防災会とミタニ建設工業主催の朝倉防災フェスタを
今年も開催しました。

コロナ禍の中、来場者の安全を最優先に考え、去年より規模を縮小し、
安全対策をしっかり行いながら運営しました。

   

 

チラシには、「体調のチェック・感染防止の基本」を明記し、
来場者にも意識づけをお願いしました。

 

放水体験や、高所はしご車体験、
ミニドローンの操縦体験など、子どもたちに人気のイベントもあり、
約400名の方に来場いただきました。

ミタニのブースでは、やいろちゃんの登場はありませんでしたが、
今年もミニバックホウを子どもたちに体験してもらいました。

 

親子で楽しめながら学べる防災イベントに参加することで、
子供たちが大きくなって自ら防災イベントを企画運営したり、
自主防災組織に入ってより活性化していただけるきっかけとなると嬉しいです。

★SNSへシェア!

 

11月10日、11日の2日間に土佐女子中学校の生徒さんが職場体験に来てくれました!

【1日目:企業紹介&ICT推進室仕事体験】

まずはミタニの企業紹介!
建設業の仕事の役割や、ミタニの特色について説明を行いました。
職場体験先を選ぶ中で、CADというワードが気になり建設業を選んでくれたそうです!

 

続いてICT推進室にて3Dデータ作成体験♪
ICT推進室朝比奈よりICT施工の流れを説明した後、実際に3Dデータを作成しました!
呑み込みが早く、1日かかる予定が半日で完成!!

 

余った時間でCAD体験も!
お猿を上手に描いていました。

 

【2日目MKGパトロール&ドローン飛行体験】

まずはMKGパトロールに同行
MKGとは、見回る、環境、現場の安全の略称で、現場の安全や、快適な職場環境の構築を図り、 改善意識の向上につなげることが目的で実施しています。

本社の女性職員で構成されており、女性技術者が増えていく中で、全社員が安心して働くことができる 快適な職場環境づくりを目指しています。

今回はトンネル舗装の現場をパトロールしてきました!
まずは現場の説明を受け、トンネル内の舗装の流れを動画で学びます。

続いて実際に現場へGO!
パトロールでは、現場の清潔さや、整理整頓など質問を交えながらチェックしていきます!

実際の現場を見るのは初めてだそうで、よい体験になったようです!
鷹取線の皆様ありがとうございました!

 

最後に本社にてドローン飛行体験!

ICT推進室の霜村のもと小型ドローンの操縦にチャレンジ!
建設業とドローンは一見無関係そうに見えるかもしれませんが、現在建設業でもICT施工が増加しており現場測量にドローンが使用されています♪

 

職場体験では、気になっていたICTの3Dデータの作成、そして実際に現場を見学できたことが印象に残ったそうです。
将来建設業界で一緒に働いてくれたら嬉しいなと感じた2日間でした♪

 

★SNSへシェア!
 
ミタニ建設工業株式会社では、SDGs推進の取り組みの一つとして、『SDGsの絵本』を発売しました。
 
 
この取り組みは、SDGsの目標4「質の高い教育をみんなに」に対応し、4-7「教育を受けるすべての人が、持続可能な社会をつくっていくために必要な知識や技術を身につけられるようにする」ことを目指しています。
大人でも理解することが難しいSDGsですが、未来を担う子供たちに分かりやすくSDGsを学んでほしいという思いから絵本の制作に至りました。企画からストーリー、イラストまで約1年の制作期間を経て完成。作者は弊社代表取締役社長の三谷剛平。絵は絵本作家、永井みさえさん。英訳は紙谷朋晃氏、Justin D.Milburn氏が担当。
 
今後は、
高知県内の小学校に寄付
保育園や小学校で読み聞かせ会を実施
小学校や中学校へのSDGsに関する出前事業の実施
を予定しています。
「SDGsの絵本」が未来に向けた取り組みにつながることを願っています。
 
 
<内容紹介>
学校から帰っても、遊んでばかりのりゅうきくん。そんなりゅうきくんが、公園で暗くなるまで遊んでいると…大人になった弟、まさきくんが突然目の前に現れます。なぜまさきくんは未来からやってきたのでしょう?
未来からのメッセージを伝えながら、SDGsのことを一緒に学んでいく物語です。
 
<著者プロフィール>
作:三谷 剛平 1978年高知県生まれ。ミタニ建設工業株式会社代表取締役社長。環境・防災・共生をテーマとした絵本「やいろちゃんのもり」も制作し、県内の保育園などで読み聞かせ活動などを行っている。
 
絵:永井 みさえ 神奈川県生まれ。ゆめのかたち合同会社代表。高知にIターン移住。15歳下の妹がきっかけで絵本作家になる。「二胡の橋」(文芸社)、「もうひとつのにじのしま」(銀の鈴社)など多数出版。絵本で高知、日本を元気に!そして世界を平和にしたいと思い活動中。
 
『SDGsの絵本』
■作:三谷 剛平   絵:永井 みさえ
 英訳:紙谷朋晃、Justin D.Milburn
■発売日:2020年9月29日(火)
■定価:1,400円+税
■発行者:ミタニ建設工業株式会社 三谷 剛平
■発⾏所:ゆめのかたち合同会社
■販売場所:高知県内の金高堂書店
 
 
★SNSへシェア!