土木部|事業紹介|ミタニ建設工業株式会社

事業紹介

business
事業紹介
建築部
土木部
舗装部
事業紹介トップ
建築部
土木部
舗装部

土木事業紹介

社会基盤を第一線で支え続ける・後世に継がれるものづくり

美観や生態系に配慮し、災害と向き合いながら土地を切り拓き、ダムやトンネル、橋などの建造を手掛けています。
地域や、人々の暮らしが発展していくための「第一歩」であるインフラ整備に、豊かな経験と最新技術で貢献しています。

ミタニ建設工業 土木工事紹介

インフラ整備

山を削り、土地を拓き、トンネルの造成や道路の基礎を造り、川や海の上には橋を架け、人やモノの流れを生むインフラ整備。ダム建設や宅地・団地の造成なども手掛けています。

インフラ再生

高度成長期に整備された道路・橋・トンネルが建設後50年以上経過するものが年々増え、「社会インフラの老朽化」として大きな問題となっています。
それらを健全な状態に保つための対策が日本全国で深刻な課題になっています。人々の生活と経済活動を支えるためはもちろんですが、地震や台風などの自然災害の対策を重要視していかなくてはなりません。
ミタニ建設工業では、国土交通省が平成26年(2014年)5月に策定した「インフラ長寿命化計画」を策定しました。その策定を受けて、各地方公共団体ごとの「インフラ長寿命化計画」に則り、高知県内の道路・橋・トンネルの修繕工事と異常が生じる前に点検・メンテナンスを施し、ダメージが発生することを防ぐ「予防保全」に携わっています。

防災・減災工事

県面積の84%が山間部であり、南側は太平洋に面している高知県は地震、さらには台風や梅雨、大雪など、厳しい自然環境にさらされています。ミタニ建設工業は、地域の皆さんが自然と調和しながら、安心して生活ができる環境を確保するために、最新の技術を駆使、地域を守りたいという強い意志で「防災」「減災」工事を行っています。
沖合から押し寄せる波のエネルギーを減衰させる「消波ブロック」や「堤防」などの護岸工事、山崩れなどの土砂災害を最小限にとどめるために金属ネットを使用した工法で落石や土砂災害を未然に防止する工事を手掛けています。

競技場建設

総合運動公園、ゴルフ場、野球場、テニスコートなどのスポーツ施設の建設を多く手掛けています。
土木・舗装・建築の高い技術力と総合力で競技会の公式記録に対応する、プロの大会に適応するための厳しい基準にクリアした施設や、学校法人のグラウンドなどの工事が可能です。

事業紹介トップ
建築部
土木部
建築部
事業紹介
建築部
土木部
舗装部

ページ上部へ