柔構造物研究会・柔構造物防災バリアなど、ミタニ建設工業が扱う防災工事工法ご紹介。

地域防災 トップ
地域防災 メッセージ
地域防災 ミタニの災害対応
地域防災 ミタニの防災技術
地域防災 防災関連リンク
地域防災 トップ
地域防災 メッセージ
地域防災 ミタニの災害対応
地域防災 ミタニの防災技術
地域防災 防災関連リンク

斜面崩壊対応工
インパクトバリア

斜面崩壊対策としての擁壁の補強や設置が困難な場所に、インパクトバリアにより衝撃力の減勢または土砂捕捉を図る工法です

従来の待受け擁壁では土地改変量が大きい。
インパクトバリアは急傾斜地にも設置が可能。

インパクトバリアの特徴

樹木の伐採を最小限にとどめることができます。
工事施工に必要な用地が少なくてすみ、家屋が近接している斜面にも施工可能。
柔構造の待ち受け工で高いエネルギー吸収力を備えているため、多方面での用途があります。
従来工法(重力式擁壁)に比べて、CO2 排出量の大幅な削減ができます。

施工事例

鎌倉での施工事例

時間経過すると植物がネットを覆い、景観にとけこむ。

家屋に隣接していても設置が可能


柔構造物防災バリア 紹介

防災技術 パワーネット
防災技術 リングネット
防災技術 インパクトバリア
防災技術 TAMPOバリア
地域防災 トップ
地域防災 メッセージ
地域防災 ミタニの災害対応
地域防災 ミタニの防災技術
地域防災 防災関連リンク
地域防災 トップ
地域防災 メッセージ
地域防災 ミタニの災害対応
地域防災 ミタニの防災技術
地域防災 防災関連リンク

ページ上部へ