未来をつくる | ミタニ建設工業株式会社

サステナビリティ

サステナビリティトップ
防災・安全
環境活動
サステナビリティトップ
防災・安全
環境活動
コミュニティ
健康経営
消費者志向自主宣言

ICT事業

「ⅠCT」導入は、建設業の未来を変える。

ICTとは?

「ICT」とは、「IT(インフォメーションテクノロジー)=情報技術」を活用した「コミュニケーション・通信」のことです。
正式には「インフォメーション・ アンド ・ コミュニケーション ・ テクノロジー」と言います。
実は私たちが「IT」と呼んでいるインターネットも、どちらかといえば「ICT」と言うほうが適切だそうです。インターネットを利用するために必要なパソコンやスマートフォン、回線などが「IT」であり、それらを活用して情報発信したり、連絡をとりあうことが「ICT」です。
今、さまざまな分野で「ICT」が注目されています。自動車の無人運転、医師が患者さんを遠隔で診察・治療することなども「ICT」のわかりやすい例です。テレワークで話題となったウェブミーティングも、そのひとつです。

建設業が ドローンを飛ばす!

建設業の仕事もICTの導入により着々と進化しています。
まず、設計図は従来の2次元から、徐々に3次元設計図に変換されています。そして、その設計データはブルドーザーやバックホウなどの工事用重機に搭載され、重機オペレーターは設計データに沿って操縦することが可能になりました。操縦によるミスを防ぎ、安全性が格段に向上しています。
また、「構造物や道路が設計図通りできているか」をチェックする「検測」は、従来では測量機械を使って何人かで作業していましたが、ドローンやスキャナーで地形や構造物の情報を、膨大な数の「点群データ」として収集し、パソコンのソフトで解析することで、設計データと実測データを比較、検測することができるようになりました。
すでにミタニ建設工業では、いくつかの土木・舗装工事でICTの導入実績を上げています。オフィスからコントローラーで穴を掘ったり、重機の無人運転ができる日も遠くないようです。

担当者コメント

廣井聡文

ICT推進室 リーダー 廣井聡文

ICTの導入は、今まで積み上げてきた仕事のやり方を手放してしまう寂しさもありますが、仕事が大きく進化する・効率化することは間違いありません。また、働き方改革、確実にやってくる人口減少による人手不足にも大きく貢献してくれるこれからの手法です。安全に、正確に、地域の人に喜ばれる・役に立つ工事を遂行するという本質を忘れずに、未来へ向かっていく「不易流行」の精神で「ミタニ建設工業流ICT」を確立していきたいですね。


ICT推進室
(写真左から)デジタルネイティブ世代の朝比奈さん、PCプログラムを得意とする霜村さん、リーダーの廣井さん

サステナビリティトップ
防災・安全
環境活動
コミュニティ
健康経営
消費者志向自主宣言
サステナビリティトップ
防災・安全
コミュニティ
健康経営
消費者志向自主宣言

ページ上部へ

公式SNS
Twitter
Twitter
facebook
Instagram