未来をつくる | ミタニ建設工業株式会社

サステナビリティ

サステナビリティトップ
防災・安全
環境活動
サステナビリティトップ
防災・安全
環境活動
コミュニティ
健康経営
消費者志向自主宣言

総合安全大会

平穏こそが奇跡であり、感謝すべき。「安全」に向き合う日。

総合安全大会とは?

ミタニ建設工業では、年に1度社員と協力会社で構成する「ミタニ親友会」の皆さんを集め、「総合安全大会」を開催しています。
事故が発生する可能性が必ずあるのが建設工事の現場です。しかし事故は決して起こしてはなりません。そのためには、日々の業務の最重要・最優先事項として安全管理を徹底することはもちろん、改めて「安全管理」に気持ちを合わせて向き合う機会を持つことが大切だという主旨で40回の継続開催をしています。
大会では、本年度の安全管理方針の発表や、昨年1年間の安全管理貢献者表彰などを行っています。

2020年はWEB開催

「安全大会」は、厚生労働省が定めた7月上旬の安全週間の準備期間である6月に、多くの建設会社が開催しています。しかし、本年は新型コロナウイルス感染防止のため、開催の見送り、規模縮小、大会資料の配布のみといった対応をするところもあったようです。
ミタニ建設工業でも、例年通りの開催は難しいと考えた末、「WEB動画配信での総合安全大会」の開催を試みました。
安全対策室社員が企画から動画の撮影編集まですべて行い、YouTubeで社員や協力会社の皆さんに向けて期間限定配信で行いました。
配信終了後、「大切だと思った箇所を繰り返し再生できる」「家族と一緒に見て、交通事故や地震、体の健康についても話し合う機会になった」などの声がありました。やむを得ずで行った動画配信でしたが、今まで以上の手ごたえを感じることができました。それとともに望む成果は、向こう1年間「無事故であること」ただ1つであると、安全対策室メンバーは、配信終了後に再び気が引き締まったようです。

担当者コメント

WEB総合安全大会チーム

総務部 安全対策室 室長 明神正典

経理部を4年経験し、総務部に移動、安全対策室の仕事に従事しています。配属時の上司が安全管理のエキスパートといえる人で、いろいろ学ばせていただきました。特に印象に残っているのは、「何もないことのほうが奇跡である」という言葉です。たくさんの資材が並び、大型重機が行き交う建設現場は、いつ事故が起こってもおかしくないところです。裏を返せば、そんな条件で事故がないことは、まさに奇跡であるのだと共感し、今も私の心に刻まれています。


WEB総合安全大会チーム
(写真左から)ナレーションで活躍した村上さん、明神室長、編集担当の瀧本さん

サステナビリティトップ
防災・安全
環境活動
コミュニティ
健康経営
消費者志向自主宣言
サステナビリティトップ
防災・安全
コミュニティ
健康経営
消費者志向自主宣言

ページ上部へ

公式SNS
Twitter
Twitter
facebook
Instagram