未来をつくる | ミタニ建設工業株式会社

サステナビリティ

サステナビリティトップ
防災・安全
環境活動
サステナビリティトップ
防災・安全
環境活動
コミュニティ
健康経営
消費者志向自主宣言

多角化経営

「美味しい」を受継ぎながら「限界突破」する2021年・春。

事業継続は会社の使命

社会の中で「企業という組織」の最大の目的は「お客さま・従業員など企業を取り巻く人たちと良い関係を築きながら、事業を継続・発展していくこと」です。それは1つの業種でも果たせることですが、加速する進化の流れや、予測不可能な出来事により状況が一変した時に、企業全体のダメージを軽減するための有効な手段として、まったく関連のない事業を展開すること(多角化経営)があります。また、多角化経営により今までとは違ったスキルを持つ人材の雇用の機会を増やすことにも繋がります。
このような側面から、多角化経営は企業のサステナビリティの要素であると言えます。

長崎名物「角煮まんじゅう」をミタニが作って売る!?

長崎県の角煮まんじゅう製造販売会社有限会社こじまが、2021年4月20日にミタニ建設工業の完全子会社となりました。いわゆるM&Aです。
創業者の児島徳二郎氏は、割烹こじまを1995年に開店。人気メニューの角煮に特化した事業を展開し、一代で製造工場と販売店「角煮家こじま」4店舗、従業員約60名(パート含む)にまで築き上げました。児島氏は4年程前から事業発展のために第三者への承継を検討されていらっしゃいました。当社のほうも多角化を模索しはじめていたタイミングでしたので、前向きかつ慎重に市場調査と協議を重ね、契約を交わすに至りました。
こじまの従業員をすべて継続雇用し、今までの現場ノウハウをベースに、さらなる改善を加え、児島氏が大切にしてきた仕事の流儀の軸をしっかりと承継していきたいと考えています。

限界突破WiFiで限界知らずの会社を目指す

さらにもう1つ新たな事業がスタートします。5月28日(金)、フジグラン高知にて、歌手・氷川きよしさんがイメージキャラクターの格安携帯キャリア「Xーmobile(エックスモバイル)」のショップをオープン。当社が注目しているサービスは月額3,850円の「限界突破WiFi」です。一度に通信機器を8台まで同時に繋ぐことが可能で、1日10ギガバイトまで快適な通信速度でネットの利用ができます。

この2つの事業をスタートさせることは、当社にとって「建設業」という境界=限界を突破することになります。必ず成功させ、「限界知らずのミタニ建設工業」を目指したいと思っています。

サステナビリティトップ
防災・安全
環境活動
コミュニティ
健康経営
消費者志向自主宣言
サステナビリティトップ
防災・安全
コミュニティ
健康経営
消費者志向自主宣言

ページ上部へ

公式SNS
Twitter
Twitter
facebook
Instagram